音楽、効果音、ボイス、歌を作って稼ぐ方法 – オーディオストックで売るコツ

音楽や効果音、ボイス、歌などのファイルを作って稼ぐには、オーディオストックニコニ・コモンズが向いています。

また、直接仕事を依頼して稼ぐならココナラなどのクラウドソーシングが向いているでしょう。

この記事では特に、オーディオストックで稼ぐためのコツについてまとめたいと思います。

売れやすいBGMを作るコツ

オーディオストックには13万点以上の作品が登録されています。その中から自分の作品がダウンロードされるには、やはり工夫が必要です。

ここではBGMを例に、実際に売れているBGMの特徴を考えてみたいと思います。

使われる場面が想定されている

これはBGMに限らずどんな商品でもそうなのですが、売れるものというのは必ず「どんな場面で使われるのか」を想定して作られています。

例えば企業の広告動画で使われるBGMなら、どんな商品やサービスに使われるのか、それに適切な雰囲気やテンポ感が出ているか、などです。

主役を殺さない

BGMは「バックグラウンドミュージック」、つまり背景の音楽であり、主役ではありません。だから耳を奪うような、主役の邪魔になるようなBGMは敬遠されることが多いです。

売れているBGMにはノイズのような際立つ音やテンポチェンジなどはあまり入っていませんし、極端な高低差、音量差もありません。音圧も上げすぎていません。

また、人の話し声は男性で500Hz、女性で1000Hz位なので、この前後の音を入れすぎると人の声が聞き取りにくくなることにも注意が必要です。

末尾を途切れさせない

これは売れるBGMと言うより審査に受かるための注意点です。オーディオストックに音楽ファイルを登録するには審査に受からなければならないのですが、BGMの末尾が途中で途切れていると審査に落ちる可能性が高いです。

数をこなす

稼ぎを増やすにはやはり数も必要です。

たくさんアップロードしていくと、やがて売れやすいBGMとあまり売れないBGMが出てきます。そうしたら、売れるBGMの類似のBGMを作っていくとさらに利益が伸びやすいです。つまりそれが自分の得意ジャンルです。


次の稼ぎ方 ⇒
裁縫で稼ぐ方法