空いている駐車場を貸し出して稼ぐ副業 – akippa(あきっぱ)について

自分の家に空いている駐車場があったらakippa(あきっぱ)で人に貸し出して稼ぐことができます。

貸した人とやり取りする必要はなく、基本的にほったらかしで大丈夫なので生活の負担は増えません。

手がかからない事は副業として非常に魅力的です。

akippa(あきっぱ)に登録

あきっぱは駐車場を探す人と駐車場を貸したい人をマッチングさせるサービスです。

登録料はかかりませんし、登録してすぐに始めることができます。利用者の予約や貸し出し料金の精算、万が一トラブルが起きたときの処理など全てあきっぱが行うため、こちらは特にやる事がありません。最初の価格設定だけ終われば、後はせいぜい利用者と顔を合わせた時に挨拶するくらいです。

売り上げが上がったときには手数料を払います。手数料は売り上げの50%とやや高く感じますが、その分全くといっていいほど手間がかからないので、時間や労力を手数料で買っていると考えれば悪くないと思います。

あきっぱに向いている場所

駐車場なので、やはり予約が入りやすい場所というのはあります。

・観光地など人が集まる場所が近くにある
・駅前や住宅地などで周りに駐車場が少ない

こういった場所ならなかなか予約が途切れません。

しかし、たとえ「こんなところに車とめたい人なんているのか?」と思うような場所でも意外と需要があったりするので、どうせ費用は一切かからないので試しにやってみるといいと思います。

いつでもやめられる

あきっぱはいちど登録したらずっと貸し出さなければいけないわけではありません。自分が駐車場を使う時が来たらいつでも止めることができます。もちろん解約金などは一切かかりません。

予約が入らなければ価格を下げる

貸し出しを始めても予約が入らなければ、価格を下げてみましょう。

あきっぱはその地域にあった価格を自動的に設定してくれますが、完璧ではありません。ちょっと高めに設定されることもあります。

一度駐車場の周りにあるコインパーキング等を見て回り、価格を確認してみましょう。コインパーキングよりもちょっとだけ低い価格に設定しておくと、予約が入りやすくなります。

何かあったらオーナー専用の番号に連絡する

もし駐車場に忘れ物が置いてあったなど何か問題が生じたら、あきっぱのオーナー専用の番号に連絡すれば対応してくれます。

利用者と直接やり取りする必要は無いので、面倒なトラブルも避けられます。


次の稼ぎ方 ⇒
民泊で稼ぐ方法