治験や健康食品モニターの安全性・稼ぎ方・おすすめ登録サイト


日本で治験というと「危なそう」「怖い」というイメージばかりが先行している気がします。

確かにリスクもあるのですが、反面メリットも多いため、通院したり入院したりする時間がとれる人なら一度検討してみる価値はあると思います。

また、薬に抵抗がある人なら別に薬にこだわる必要は無く、健康食品のモニターもあるので、そちらに参加するという手もあります。

このページではその治験と健康食品モニターについて、安全性上手な稼ぎ方おすすめの登録サイトなどを解説したいと思います。

治験の安全性

治験とは、新しい薬を販売する前の臨床試験のことです。薬はすでに動物実験で安全性と有効性が確認されていますが、動物と人では薬の効き方が違う場合があるので、それを確かめる必要があるんですね。

副作用が出る人もたまにいます。なので治験では参加者の安全性と倫理性を第一に考えて、GCP(Good Clinical Practice=医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)という厳しいルールに従って行われます。なので誰からも強制されないし、参加途中であってもいつでもやめられます

試験とはいえ病気を治すために新しく開発された薬を飲むわけですから、何か持病のある人ならその薬で病気が治ることもあります。もちろん健常者(特に病気がない健康な人)が参加できる治験もたくさんあります。

また健康検査を無料で受けられることもあるなどのメリットもあります。そのうえ収入にもなるので、治験のメリットは決して少なくないんですね。

治験で得られたデータを厚生労働省に提出して承認されれば、初めて薬は世に出ることができます。薬で健康になる人や命が救われる人がたくさんいることを考えると、治験はとても重要です。

治験でもらえる謝礼はどのぐらい?

よくネットでは「治験アルバイト」「治験バイト」という言葉を見ますが、あれは間違いです。治験はアルバイトではなく、有償のボランティアです。

なので治験でもらえる謝礼はバイト代や報酬ではなく、「負担軽減費(治験協力費)」と言われます。

ではその負担軽減費はどのぐらいもらえるのかというと、治験の内容によって違いますが一般的には

・通院:1日1万円
・入院:1日2万円

の場合が多いです。

入院は通院よりも拘束時間が長くなるので、その分負担軽減費が多くなります。

交通費は負担軽減費の中に含まれていることが多いです。

どんな内容なのか?

まずは健康診断(医師の診断、尿検査、心電図、採血など)があり、その治験の参加基準を満たしているかどうかが調べられます。

参加基準を満たすと本試験に参加することになります。

本試験の内容はどんなふうかというと、これも治験やモニターによって様々ですが、例えば入院治験の場合

・薬の投与
・採血
・食事は時間や量がきちんと管理されている
・決められた時間以外は自由。施設にあるDVDやマンガを見ててもいいし、自分で本などを持ち込んで勉強してもいい
・過度な運動はできない
・長期になる治験では外出が許可される場合もある

時間管理は厳しいですが、それ以外の時間は自由で、結構良い生活ができる場合が多いです。

治験・健康食品モニターおすすめサイト

治験や健康食品のモニターに参加する場合は、専門のサイトにアカウントを作る必要があります。

有名どころは、例えば以下のサイトです。全部無料で利用できます。

治験情報V-NET
JCVN治験ボランティア
生活向上WEB
ニューイング

ネット上のサイトの中には怪しいサイトもあり、入会金などを要求してくるところもあるようなので、変なサイトに登録しないように注意してください。

治験や健康食品モニターを受けるチャンスをできるだけ広げたい人は、1つだけじゃなく複数のサイトにアカウントを作っておいた方がいいです。

あとこれは当たり前のことですが、登録したからといって治験を強要されるようなことは一切ありません。試しに登録してみて、治験やモニターの条件や内容が気に入らなかったら、一切やらなくてOKです。

より効率良く稼ぐコツ

より良い条件の治験や健康食品モニターを受けるためには、その登録サイトの会社から信頼される必要があります

治験や健康食品のモニターでは、できるだけ正確な試験データが欲しいわけです。なので向こうは真面目に取り組んでくれる人を求めています。

逆に遅刻や問題行動を起こすような人は避けたいんですね。

登録サイト会社に信頼されれば、治験や健康食品モニターに申し込んだとき、優先的に採用してくれるようになるので、誠実な態度で参加するようにしましょう。

 
次の稼ぎ方 ⇒ 覆面調査員・ミステリーショッパーで稼ぐ方法・コツ
 

この記事をシェアする

このページの先頭へ