在宅WEBライターで大きく稼ぐコツ&鉄板の登録サイト


次に在宅WEBライターで稼ぐ方法についてご紹介します。

在宅WEBライターは、主に自宅で文章を書き、それを納品することで報酬をもらう仕事です。

自宅じゃなくても、ネットが使える環境ならどこでもできます。図書館でも喫茶店でもノートパソコンやスマホを使って仕事ができます。

しかも在宅WEBライターにはとても大きな需要があります

在宅WEBライターに需要がある理由

在宅WEBライターが求められている理由の一つが、「メディアコンテンツの作成」です。

別に難しいことじゃありません。サイトやブログなどのメディアを作るには、コンテンツ(記事)が必要ですよね。その記事を書いてくれる人を探しているのです。

クラウドワークスココナラを見てみると、そういう仕事がたくさん見つかります。

在宅WEBライターで大金を稼ぐコツ

この在宅WEBライターはきちんとやれば将来の大金に繋がります

例えば、クラウドワークスココナラで実績を積んで信頼を勝ち取っていくと、単価(1記事当たりもらえる報酬)の高い仕事がどんどん受けられるようになります。

また、このあと上級者編で紹介する『アフィリエイト』のこともあります。アフィリエイトは成功すれば月数百万円を狙えるビジネスです。そのアフィリエイトで最も基本となるコンテンツが、やはり「記事」なのです。ライティングスキルの高い人の方が成功しやすいんですね。

そういった将来の大金のためにも、まずはスキルと実績を積み上げることが重要です。

最初は報酬より評価と実績を優先

在宅WEBライターの仕事を受ける基本は、クラウドワークスココナラなどに登録することです。

そして、より高い報酬の仕事を受けられるようになるかどうかは良い評価と実績をどれだけ積み重ねたかにかかっています。

信頼も実績も無いうちから条件の良い仕事を任せてくれる人はあまりいません。

ですので、まずはいきなり高い報酬の仕事を探そうとするよりも、安くてもいいから自分にできそうな仕事を選び、確実に仕事をこなすことが重要だと思います。

そうして高い評価を積み重ねていけば、仕事を依頼する側の信頼が得られ、条件の良い仕事を依頼されるようになります

また、文章を書くときは、依頼主から出された条件を確実に守り、かつ「どうすれば読み手に分かりやすく伝えることができるか」を常に考えながら書くことが重要だと思います。

鉄板の登録サイト

在宅WEBライターをやるうえで鉄板の登録サイト(クラウドソーシングといいます)がいくつかあります。それが以下のものです。

クラウドワークス
クラウドソーシングといえばまずはココ。ライティングだけじゃなく、データ入力やテープライターの仕事もあります。報酬も案件数も優秀です。

ココナラ
自分のできることや得意なことをお金に換えるサイト。ライティング以外にも自分だけのオリジナルサービスを作ることができます。実績を積めば注文が殺到する超人気ライターになれることも。実際、在宅WEBライターとして稼いでる人がいっぱいいます。

サグーワークス
ライティング案件がメインのクラウドソーシング。サグーワークスの真価は『サグーライティングプラチナ』にあります。プラチナライターのテストに受かると、1文字1円の高単価な仕事を受けられるようになります。テストは誰でも何度でも受けられるので、たくさん稼ぎたい方はぜひ挑戦を。

ランサーズ
ここも有名所。案件数が豊富です。ライティング以外の仕事もあります。

シュフティ
主婦に人気のあるサイト。簡単なタスクから本格的な報酬の仕事まで様々。

Shinobiライティング
小型のライティング案件のあるサイト。1つの記事が3~4分で終わったりするので、ちょっとしたすきま時間に気楽にできます。

REPO(ルポ)
1記事300文字などミニな案件がたくさんあるサイト。ちょっとした隙間時間にやりたい人におすすめです。

 
次の稼ぎ方 ⇒ アフィリエイトとは?稼ぐ前の基本確認
 

この記事をシェアする

このページの先頭へ