アフィリエイトで稼ぐために~初心者や稼げない人に絶対伝えたいこと


アフィリエイトで稼ぐようになって、かれこれ10年以上がたちました。

その収入は、月によって多少変動しますが、Amazon・楽天・その他ASP、そしてグーグルアドセンス(この記事ではアドセンスもアフィリエイトに含めてお話します)など、合わせて月80万円前後の収入になっています。

思えばいろんな失敗がありました。ひとりよがりの誰も来ないサイトを作ってしまったり、役に立たない情報商材に何万円も払ったり・・・

もしタイムマシンに乗って、これからアフィリエイトを始める自分、あるいは稼げなくて悩んでいた頃の自分に会いに行くとしたら、「アフィリエイトで成功するためにこれは絶対に伝えたい」と思うことがいくつかあります。

今回は、それをまとめてみようと思います。

これからアフィリエイトを始める初心者の方や、うまく稼げないで悩んでいる方の参考になれば幸いです!

検索結果の上位に長く居座るページを作る

アフィリエイトは、サイトやブログに人が来て、そこにある広告をクリックされたり、商品に興味を持って購入されたりすることで報酬が出るものです。

だから、人が来なければ話になりません。基本的にはたくさん来れば来るほど(アクセス数が多ければ多いほど)いいです。

どのぐらい人が来るかは、検索エンジンの検索順位によって大きく変わります。

以下のグラフは、それぞれの検索順位でクリック(タップ)される確率を、アメリカのSEO Clarityという会社が分析した結果です。

1位のクリック率が高くて、そのあとどんどん落ちていきますよね。やっぱり、まず1位を見てみようっていう人が多いんですねぇ。

特にスマホ+ガラケーの場合、1位が27.7%、2位が9.2%と、じつに3倍もの開きがあるんですね!アクセス数が3倍も違うということです。

1位と10位なんて、約10倍の差があります。

3位(3.9%)が4位(6.7%)・5位(4.8%)に負けてるのは謎ですが。スマホ画面の大きさやスクロールの問題でしょうか。3位の人かわいそう・・・。

まあとにかく、検索順位というのはこれだけアクセス数を変えてしまうわけですね。

アフィリエイトでたくさん稼ぐためには、検索結果の上位に長く居座るようなページを作るのが有効なのです。

では、検索結果の上位に居座るページとは、一体どんなページなのでしょうか?

検索エンジンは常に「需要のあるページ」を探している

検索エンジンは、そのページの訪問者がどんな動きをしているのか、よーく観察しています

「このページには、今日〇時〇分に、□□というIPアドレスの人が、△分△秒滞在した」
「今日1日で〇人の人が来て、その平均滞在時間が△分△秒だった」

などなど、私たちの目には見えないところまで、検索エンジンには見えているんですね。

例えば、そのページの内容がしょぼくて、訪問者が「内容が無いよう」といって3秒で帰ってしまったら・・・。

検索エンジンは「たった3秒で帰っちゃうなんて、よほど内容が無かったんだろうなぁ」と判断します。

すると検索エンジンは、そのページの検索順位を下げてきます。もし人の役に立たないページを上位に表示させておいたら、ユーザーに「こんなダメなページを上位に表示するなんて・・・この検索エンジン使えないな」と思われ、信頼を失うことになるからです。

検索エンジンにとって、需要の無いページは危険な存在なのです。

だから検索エンジンは常に「需要のあるページ」を探しています。そして、より需要のある順に1位、2位、3位・・・と並べようとしているのです。

というわけで、検索結果の上位に居座るページを作るには、「需要のあるページ」を作ればいいということになります。

何か分からなくて困っていたり、面白いものを探していたり。そんな人の需要にきちんと答えるページを作れば、人はちゃんと見てくれます。自然と滞在時間も長くなるでしょう。

検索エンジンはそんな人々の動きを観察して「どうやらこのページには需要があるらしい!」と判断し、少しずつ検索順位を上げていきます。するとクリック率も上がり、人がたくさん来るようになります。人がたくさん来れば、それに比例して収入もあがるわけです。

さて、そうなると次の問題は“どうやって”需要のあるページを作るかです。

「まとめ系記事」がおすすめの理由

需要のあるページの一つに、まとめ系記事があります。

まとめ系記事とは、何か一つのテーマに関する情報をまとめた記事です。例えば、「ニキビを治す12の方法」とか。ニキビを治す方法を1つだけではなく、全部まとめて紹介するんですね。

まとめ系記事は、アフィリエイトで稼ぐのに向いています。その理由は、主に4つあります。

理由(1) 誰でも需要のあるページを作りやすい

これだけ情報のあふれた世の中になると、自分がほしい情報を見つけ出すには手間も時間もかかって大変です。

もしそこにまとめられた情報があれば、それ以上自分で探す手間と時間をはぶくことができます

そのテーマに関する情報を集め、整理し、読む人に分かりやすい文章でまとめればOKですから、特別なスキルや経験がなくても作れるんですね。

理由(2) ボリュームが出やすい

まとめ系記事は、基本的に多くの情報をのせることになるので、記事にボリュームが出やすいです。

ボリュームのある記事を読むには時間がかかるので、滞在時間が長くなります。すると検索エンジンは「このページには人が時間をかけて見るだけの価値があるらしい!」と判断するので、検索順位が上がりやすくなります。

理由(3) “保存”や”拡散”という行動が起きやすい

まとめ系記事はボリュームがあるため、「一度に全部読むのは大変だな」とか「あとでじっくり読もう」と考える人も出てきます。そういう人は、とりあえずお気に入りに入れておいたり、ブックマークしておいたりという行動を起こしやすいです。

また、「このページを人に教えたら喜ばれるかも」ということで、ツイッターやフェイスブックで拡散する人が出てきます。

すると、そのページにはあらゆる場所から人がやってくることになります。お気に入りから飛んできたり、ブックマークから飛んできたり、ツイッターやフェイスブックから飛んできたり

人が様々な場所からやってくる様子を、やはり検索エンジンは見ています。そして「だいぶ注目されてるページらしいから、順位を上げておいたほうがいいかな」となり、順位が上がりやすくなります。

理由(4) ネタが尽きない

まとめ系記事というのは、要は世の中の人々が知りたいと思っていることをまとめればいいわけです。人々の知りたいことなんて無限にあります

例えば、以下のサイトには人が知りたいと思っていることが「これでもか!」というぐらい集まっています。ネタを考える際の参考になるので、有効に使ってください。

教えて!goo
Yahoo!知恵袋
発言小町
BIGLOBEなんでも相談室
お悩み掲示板 – みんなの悩み、みんなで解決

以上4つの理由から、まとめ系記事は需要のあるページを作るのに向いているんですね。

読む人に伝わる文章を書く

まとめ系記事を作るときに、絶対欠かせないのが文章力です。

もうちょっと正確にいうと、読む人にとって分かりやすい文章を書く力、ですね。

人は自分の悩みや欲求を満たすために来るわけです。

それなのに、何がいいたいのかよく分からない理解不能な文章を読まされたら、自分の悩みは解決できないわ、時間と労力を無駄にするわで、イライラしてしまいます。

最後まで読まずに帰ってしまい、もう二度と来てくれないかもしれません。

だから、分かりやすい文章を書く力は必須なのです。

じゃあ文章を書く才能のない人には無理なのか、というと、そんな大げさな話ではありません。

分かりやすい文章を書くために必要なのは、文法や文章の基礎知識です。基礎さえしっかり身についていれば、誰でも書けます。決してむずかしくないんですね。

基礎を身につけるには、プロの物書きが解説した本を読むのが一番手っ取り早いです。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術
言いたいことが伝わる 上手な文章の書き方

この2冊は特におすすめです。文法の基本や、文章をどう書けばいいかなど、アフィリエイトで必要な文章の基礎が一通り身につきます。

とても分かりやすいので、どんなに文章を書くのが苦手な人でも、パッと読んでサクッと理解することができるでしょう。

常に検索キーワードを意識して書く

記事を書くときは、「読む人がどんなキーワードで検索してくるか」を考えて書かなければいけません。

例えば、【大人にきび 治し方】という2つのキーワードがタイトル・本文に一つも含まれていないページは、【大人にきび 治し方】で検索しても検索結果には表示されません。まあ当たり前ですね。

特にタイトルに含めるキーワードはとても重要です。検索エンジンは、タイトルにあるキーワードをとても重視しています。

「このキーワードで上位に表示されたいんだ」というキーワードは、必ずタイトルに含めるようにしましょう。

キーワードを考えるとき、私は主に「キーワードプランナー」を使います。

これはグーグルが提供している無料のツールで、グーグルのアカウントを作れば利用できます。

キーワードを考えるときは、「もし自分がその情報を知りたいと悩んでいたら、どんなキーワードを入れて検索するだろうか」と、その人の立場になって考えます。

そして思いついたキーワードをキーワードプランナーで検索してみてください。

「キーワード候補」というタブをクリックすると、

関連性のあるキーワードも並びます。

月間平均検索ボリュームというのは、1か月でそのキーワードが検索される回数の目安です。

検索回数が少ない(=需要が少ない)キーワードだと、人があまり来ないのでそんなに稼げません。

逆に検索回数が多い(=需要が多い)キーワードだと、他人が作ったページ(ライバルページ)も強力になり、上位表示が難しくなります。

どのぐらいのキーワードを狙うべきかは、キーワード、テーマ、記事の質、記事のボリュームなどによって変わるので一概には言えないのですが、私の経験からすると、“月間平均検索ボリュームが4ケタのキーワード”は割と上位表示しやすいものが多いうえに、人もけっこう来てくれます。

ただ、5ケタのキーワードでも上位表示できるときはありますし、3ケタのキーワードでも意外とアクセスが多いこともあります。

検索ボリュームはあくまで目安に過ぎません。実際にあれこれ試しながら、キーワード選びのセンスを磨いてください。

さらに上位表示をしやすくするために、

・タイトルには、あまり欲張ってたくさんのキーワードを入れるのではなく、2~4ぐらいのキーワードを含めるようにする

・重要なキーワードは、できるだけタイトルの前の方に配置する

・本文中にも狙ったキーワードを時々含むようにする

なども効果があります。

ライバルに”ちょっと勝ってる”ページを作る

「銀座まるかん」の創業者である斎藤一人さんは、著書『微差力』の中で「ビジネスは大勝ちする必要はない。ちょっとだけ勝てばそこに人が集まり、成功する」という趣旨のことを述べています。

私たちがページを作るときも同じで、ライバルページよりちょっと勝ってるページを作るという姿勢が重要です。

情報のボリューム・質、文章の分かりやすさなど、それを読む人にとっての価値がちょっと上であれば、そこに人は集まります。

狙うキーワードで上位に表示されているページたちを1位から順番に見ていき、それらページよりも少なくともちょっと勝ってるページを作ると、長く検索上位に居座るページになりやすいです。

もちろん良い記事を書こうとすれば、そのぶん時間と労力がかかります。情報をたくさん集めるのも大変だし、それを読む人に分かりやすくまとめるのも大変です。

ですが、その労力を惜しんでライバルページに負けている中途半端なページを作ると、それを人が見たときに「なんだよ、あっちのページの方が役に立つな」となってしまいます。

当然、検索エンジンはそういう人々の反応を見ていますから、結局すぐに検索結果の下の方に消えることになるのです。そんなことを繰り返していたら、いつまで経っても稼ぎは大きくなっていきません。

その他大勢の中に埋もれるようなページを作るのは、それこそ時間と労力がもったいないことなのです。

上位表示しているライバルたちにちょっと勝つページを作るには、大抵の場合、数時間ではできません。1ページ作るのに何日もかかります

しかし、そうやって質の高い記事を書き、人にも検索エンジンにも長く愛されるページを作り続けることが、たくさんの稼ぎに繋がります

質の高いテンプレートを用意する

ライバルに打ち勝つには、中途半端なやり方ではダメです。

情報集めにも、文章の分かりやすさにも、磨きをかける必要があります。

そしてもう一つ、ライバルに打ち勝つページを作るために必要なのが、テンプレートです。

テンプレートとは、サイトやブログのデザインを決めるツールのことです。

サイトやブログはHTMLという言語で書かれていますが、実は検索エンジンに好まれるHTMLの書き方というのがあります。

検索エンジンの好みになるようにサイトやブログを作ることを、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)といいます。

SEOを徹底してサイトやブログを作れば、それだけで上位表示に有利になるのです。

しかし、それってHTMLやSEOの知識が無いと作れませんよね。実は、私にはHTMLの知識があまり無いんです。

じゃあ今までどうやってアフィリエイトで稼いできたのかというと、HTMLとSEOの専門家が作成したテンプレートを利用してきたんですね。

私が今までたくさんのテンプレートを試してみて、特に上位表示しやすかったテンプレートが2つあります。

賢威

私がまず採用したのは、賢威(けんい)というテンプレートです。このサイトも賢威で作っています。

作者は松尾茂起という人です。松尾氏は、上場企業のSEOコンサルタントもしてきた、SEOのプロ中のプロです。

賢威は、松尾氏がコンサルタント業務で実際に使用しているテンプレートなんですね。

私は10年以上アフィリエイトをやってきて、本当にたくさんのサイトをいろんなテンプレートで作ってきましたが、賢威はその中でも1、2を争うほど上位表示しやすいテンプレートです。

賢威にはマニュアル(テキスト・動画)が付いています。賢威の詳しい使い方が丁寧に説明されているので、使い方が分からないという心配はありません。

さらに、もし分からないことがあってもフォーラムで質問すれば教えてもらえます。なので初心者の人でも安心です。

アフィリエイトで本気で稼ぐ人にとっては、賢威はとても強力な武器になります。

賢威公式ホームページ

TCD

そして、賢威と1、2を争うもう一つのテンプレートが、TCDです。

作成者は「株式会社デザインプラス」というデザイン専門の企業です。やはりこれもプロが作ったテンプレートですね。

TCDのテンプレートにはいくつも種類があるのですが、これはそのうちの「Reviewer」というテーマです。

圧巻なのは、そのデザイン性の高さです。私は最初これを見たとき「え、こんなおしゃれなサイトを作れるの!?」と飛びつきました。

サイトやブログのページは、「見た目が悪いと3秒以内に閉じられる」といわれています。最初パッと見たときの印象が悪いと、それだけで読むのをやめてしまう人が多いのです。

まあ、今の人っていそがしいですからね。期待値が低いと思ったらすぐに切り捨てて次にいっちゃう。かなりシビアなんです。

人間は見た目がいいと、なにかと得をしますが・・・。サイトやブログも同じなんですね。

その見た目において、現在のところ、TCDを超えるテンプレートは存在しません

そのうえ上位表示までしやすいときています。私の経験上、賢威と同じぐらい上位表示がしやすい。

なのに賢威よりずーっと安いんですよね。

私がここ数年に作ったサイトは、ほぼすべてTCDのテンプレートで作られています。これからアフィリエイトの本格的なテンプレートを用意する人は、TCDを選んでおけば間違いないと思います。

ただし、TCDの中にはアフィリエイトに向いているものと向いていないものがあるので、ここでは特にアフィリエイトに向いているテーマをピックアップしておきます。

画像は、左がスマホで表示したとき、右がPCで表示したときのものです。

BlogPress

BlogPressの詳細・ダウンロードページへ

Gorgeous

Gorgeousの詳細・ダウンロードページへ

AN

ANの詳細・ダウンロードページへ

Chill

Chillの詳細・ダウンロードページへ

Logue

Logueの詳細・ダウンロードページへ

CUBEY

CUBEYの詳細・ダウンロードページへ

Reviewer

Reviewerの詳細・ダウンロードページへ

以上が、TCDでアフィリエイトに向いてるテーマです。SEOはすべてしっかりしているので、あとは見た目的に自分の好きなものを選べばOKです。

テンプレートはアフィリエイトの成否をおもいきり左右します。

無駄にお金を使うことは避けるべきですが、テンプレートへの投資は理にかなっています。あとでアフィリエイトの報酬となって何倍・何十倍にもなって返ってくるからです。

これからアフィリエイトで本気で稼いでいく人は、テンプレートは決してケチらず、きちんとプロ仕様のものを用意することを強くおすすめします。

スマホに最適な表示をする

検索キーワードにもよりますが、基本的にはPCよりスマホからのアクセスの方が多いです。

もしスマホからアクセスしたとき、そのページがPCと同じ表示しかされなかったら、字が小さくて見る気が失せますよね。それだけで帰ってしまう人が多いでしょう。

だからスマホからアクセスされたとき、ちゃんとスマホ専用のデザインに切り替わるように設定しておく必要があります。

一番簡単なのは、レスポンシブWebデザイン(端末の画面サイズに応じて自動的に最適なページを表示する機能)に対応しているテンプレートを採用することです。

先ほどの賢威とTDCなら、レスポンシブWebデザインに対応しているので、特に何もする必要はありません。そのまま使うだけで、スマホからアクセスされたときにスマホ専用のデザインに勝手に切り替えてくれます。

アドセンスは種類・大きさ・場所で稼ぎが変わる

グーグルアドセンスを使う場合、広告の内容はグーグルが自動的に決めますから、あとは「どの種類・どの大きさをどこに貼るか」が問題です。

例として、私の場合をご紹介します。

色々試行錯誤した末、私は大体のサイトにおいて、以下のような配置に落ち着きました。

赤い部分にアドセンスを配置しています。使っているのは『コンテンツ向けユニット』だけで、『リンクユニット』『検索ボックス』は使っていません。

グーグルの『広告の配置に関するポリシー』によると、1ページにコンテンツ向けユニットを3つまで貼っていいことになっているので、上1つ、下2つにしています。下の2つは横に並べています。大きさは全てレクタングル336×280です。

またスマホの場合は、「1画面に2つ以上表示されないように」とのことなので、上下1つずつにしています。大きさはどちらもレクタングル300×250です。

この配置にしたとき、PC・スマホ共に収益が最も大きくなりました。

PCの場合、サイドバーの一番上や記事の一番上(記事タイトルのすぐ下)に配置したこともあるのですが、イマイチ収入が伸びませんでした。特にサイドバーはあまりクリックされないようです

またスマホの場合、上のレクタングル300×250をラージモバイルバナー320×100に代えてタイトルのすぐ下に配置してみたら、収益が半分以下になったサイトがありました。アドセンスの大きさと場所の選択がいかに重要か痛感させられる出来事でした。

以上が私の場合ですが、アドセンスをやる人は自分であれこれ試してみることを強くおすすめします。

サイト全体のデザインなどによっても変わる可能性があるので、自分のサイトに最適な配置は何なのか、キチンと試験することが大切です。

話の流れに合う優良な商品の広告だけを貼る

アドセンス以外、つまりAmazonや楽天やその他ASPのアフィリエイトの場合は、話の流れの中で、心の底から良いと思った商品だけ、広告を貼るようにします。

まず、商品の広告だけを無造作にペペペッと貼っておいても、ほぼ売れません。

商品がよく売れるのは、その商品が話の流れに合っていて、しかも話にある程度以上の説得力があったときです。

自分が心の底から良いと思ったのであれば、そう思った理由があるはずです。その理由も合わせて話をすればそれなりの説得力が生まれ、商品が売れる可能性も高まります。

逆に自分がその商品をイマイチだと思っていたり、そもそも知らないのであれば、話の内容もなんか薄っぺらいものになります。ネットの読み手は鋭いです。そういう中途半端な話や商品には興味を持ってくれません。

まずは人の需要に応えるページを全力で作り、その上で話の流れに合う良い商品があれば広告を貼るようにすると収益が上がりやすいです。

焦らずじっくりサイトを育てていく

検索エンジンは、新しくできたばかりのサイトのページを、なかなか上位にあげてくれません。

検索エンジンからすれば、まだ誕生して間もない新米サイトをいきなり上位に表示する、というのはリスキーなことですから、最初はしばらく様子見をしてきます。

なので、焦りは禁物です。サイトを起ち上げて1か月~くらいは検索順位を気にせず、内容の濃いページを作ることに集中しましょう。質の高いページを作り続けているサイトをいつまでも放っておくほど、検索エンジンは無能ではありません。

その他稼ぎを高めるためのポイント

自分が困ったことなどをネタにできないか考える

生活の中で自分が困ったことがあったら、どこかで他の人も同じことで困っている可能性があります。ということは、その解決策には需要があるということです。

例えば、排水溝の詰まりやにおいで困ったら、その解決策や、そもそも詰まらないようにするための方法などを調べてまとめます。そうすれば、排水溝の問題は解決するし収入は上がるしで一石二鳥です。

自分が「分かりやすい」と感じたサイトを参考にする

ネットサーフィンをしていると「このサイトは分かりやすいなぁ、好きだなぁ」と感じることってありますよね。

そういうときは是非そのサイトをお気に入りに入れておきましょう。そして「なぜこのサイトは自分に好かれたのか」を考えながら、自分がサイトを作るときの参考にします。そういうことをコツコツ繰り返していくと、自分のサイトがさらに良いものにパワーアップしていきます。

画像の編集・作成に便利なフリーソフト

アフィリエイトをしていると、画像を編集・作成をしたくなることがあると思います。

すでにお気に入りのソフトがある人はいいのですが、まだ無い人には「Inkscape」というフリーソフトをおすすめします。

画像の大きさを変えたり、線や図形を描いたり、テキストを挿入したり。

アフィリエイトに必要なレベルでの画像編集・作成ならほぼこれ1つで済むと思います。上にあるアドセンスの配置場所の図もInkscapeで作りました。

一部クセがあるのですが、これに代わる無料のドロー系ソフトもなかなか無いんですよね。

そこで、Inkscapeの使い方を簡単にですがまとめておきました。「使ってみようかな」という方はよかったら参考にしてください。

Inkscapeの使い方 切り抜きやサイズ変更など簡単な操作について

まとめ

・需要のある質の高いページを作る
・特にあてが無ければまとめ系記事がおすすめ
・どんなキーワードで検索されるか常に意識する
・ライバルにちょっと勝ってるページを作る
・テンプレートはケチらず、プロ仕様のものを使う
・スマホ表示を最適化する
・アドセンスの種類・大きさ・場所を最適化する
・話の流れに合うように優良な商品の広告だけを貼る
・決して焦らない

以上です。

アフィリエイトには人生を変えるほどの力があります。月に20万、30万、50万稼ぐ人もいれば、100万、200万、500万と稼ぐ人すらいます。

それなのに、アフィリエイトは初期投資にお金がほとんどかかりません

コンビニ経営ですら初期投資に200~600万円はかかります。なのにアフィリエイトの初期投資にかかる金額は、せいぜい数千円~数万円です。

これだけチャンスが大きくて、かつ初期投資がすずめの涙程度ですむビジネスは、他に無いかもしれません。

この記事を読んでくれた方には、ぜひアフィリエイトに本気で取り組み、成功し、人生を変えるほどの収入を手にしてほしいと思います。

他の稼ぎ方

このサイトでは、アフィリエイト以外の稼ぎ方も説明しています。アフィリエイトより早く簡単に稼ぎが出る方法もあるので、まだ読んでない方はよかったら

お金をネットで稼ぐのは意外と簡単

から順番にお読みください。

 
次のページ ⇒ 節約術100選 節約で年間100万円貯金する方法
 

この記事をシェアする

このページの先頭へ